2011年10月7日金曜日

SAINT JAMES の 「OUESSANT:ウェッソン」


人には大なり小なり悪癖があり、まったくの私事ながら私には突然丸刈りにする(しかもかなり短く)という悪癖がある。別に髪型なんて自由にすればいいじゃないかとお考えの方々は、なんで丸刈りが悪癖なんだと思われるかもしれないが、実は私、先天的にガラの悪い顔だ。しかもヒゲ付き。ワイシャツ着用だと間違いなく“お務め”帰りになっちゃうこの状況を、ちゃんとお勤め帰りに収拾してくれるアイテムが、今回紹介するSaint Jamesの“バスクシャツ”だ。Saint Jamesは、フランスの写真家ロベール・ドアノーが撮影した画家パブロ・ピカソの写真【Les Pains de Picasso】(ピカソのパン)で、ピカソ自身が着ていたのはここのシャツだというエピソード(注>このエピソードの真偽をフランス本社にまで問い合わせたが、結局確認できなかった。)でも有名なフランスの老舗メーカー。88年に公開されたフランス映画「グラン・ブルー」がきっかけで、日本でも再注目された感のあるバスクシャツだが、そのせいか春夏のイメージが強い。しかし、同じくバスク地方で生まれたエスパドリーユ(靴底が編まれた縄でつくられた靴)などと共に、今年も根強い人気のマリンコーデに組み込むことによって、充分初秋を楽しむことができるアイテムだ。


一般にバスクシャツと言われる、いわゆるボートネックのカットソーは、その名の通りスペインとフランス両国に跨がったバスク地方で19世紀頃から同地方でつくられるようになったマリンセーターがその原型になっている。このマリンセーターとは、防寒着というよりも甲板作業用の作業着であり、ジャージやスウェットに近い使われ方のものだった。そして甲板作業が、落水や遭難の危険が多い作業だったため、救助の際に視認性が高いことから、今日のバスクシャツにも受け継がれているモチーフ、“ボーダー”を採用することになった。現在バスクシャツをつくっている主要なメーカーの中で最も歴史が古いSaint Jamesだが、老舗なだけあって、このボーダーのバリエーションも多く、なにより原型に忠実な物作りをしている。丈夫なのだ。生地も分厚く、薄手の帆布みたいな手触りで、しっかりと縫ってある。今回紹介しているウェッソンというモデルに至っては、なんと購入後10年以上経った現在でも、外に着ていけるクオリティを充分保っているのだ。(先の写真でピカソが着用したといわれている、同社のNAVALというモデルの方は、若干生地が薄い)ただし、生地が硬い(分厚い?)分、馴染むまでには時間がかかる。つまり着倒して、洗濯して縮ませ、また着倒す、を繰り返す必要があるのだ。ここらへんは、若干キツめのサイジングで購入し、時間をかけて足に馴染ませていくJ.M.Westonの靴や、洗濯縮みを利用して身体になじませる(shrink-to-fitね)リーバイスのよう。逆に言えば、時間をかけて自分好みの1着に育てる、という楽しみ方が魅力、ともいえるのだが、カットソーとしてこれは本当に珍しい。普通、地肌に直接着るカットソー、特にシャツの場合、肌にあたった時のゴワゴワ感を軽減する為になるべく細い糸で生地を編むため耐久性を犠牲にせざるを得ない訳だが、このシャツは洗いざらしが気持ちいい。(本当にすごく気持ちいい。なぜだろう)もちろん、気持ちいいとは言ってもthree dotsのようなリュクス感のある肌触りではないが、なんというか太陽の光をしっかりと生地が吸ってくれているのがわかる肌触りなのだ。


気づいてみれば、Saint Jamesにしても先述のJ.M.Westonにしても、すべてフランス企業だが、そもそもフランスって言う国は、すべからく「時間をかけて馴染ませる」が受け入れられる土壌があるなと感じる。フランスタバコの代表格GITANEにしても、フランス以外で飲んでいる人をほとんど見かけない(あくまでも私見ですが)リキュール、パスティスにしても、最初っから「これ大好き!」って言う人の方が少ないんじゃないかと思うものが多い。なのに、気づけば自分の中の「これじゃなきゃダメ」リストに知らず知らず食い込んでいるのだ。そういえば、前述の「グラン・ブルー」にしても、公開後、世界中で大ブームを巻き起こした映画であるにも関わらず、カンヌのオープニング作品として発表された時は酷評の嵐で興行収益も惨澹たるものだったらしい。最初は個性全開、強烈な印象を与えつつ、時間が経つにつれて優しさと包容力をみせて唯一無二の存在にのし上がるというこの技、思い返せば、フランスを代表するモテ男としてピカソと並び称される、セルジュ・ゲンズブールの得意技だったはず。そう考えるとピカソにしてもゲンズブールにしても、輝かしい女性遍歴を歩むフランス男は皆、ビビッドな個性と、長く楽しめる(楽しませる?)人間力を併せ持っているらしい。ガツガツせず、ときにシニカルに。このカットソーに袖を通して、そんな大人の余裕を見せれば、もしかしたらピカソのように「女性を惹き付けすぎるのは僕の悪癖」なんて言える日が来るかも?